鳥取OFF収支報告
カンパ受付停止中
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
覚書・折込広告
890 :KN ◆.E2Y/4Nums :2005/11/19(土) 15:28:06 ID:xmeHyclD
さて、街宣計画と並んで急いで詰めなければならないのが新聞折込計画です。

まず折り込むための県内用B4ビラを印刷するための原版を早く作らなきゃいけないわけですが、
まぁそれは置いておいて、ここでは原版完成後の印刷や折込について状況説明します。

新聞折込用のビラは全部で10万部。B4サイズでモノクロ両面刷り(B5サイズ署名用紙つき)
印刷代は330000円。

新聞折込は月曜日は休み。それ以外の曜日はいつでも1枚あたり2円50銭で受け付けてます。
つまり10万部の折込代は250000円。
ただし、この折込センターは本部(鳥取市)、倉吉支部、米子支部の3営業所によって鳥取県を3分割して管轄しており
印刷所が鳥取市なので通常は本部に納品するが、倉吉支部や米子支部に送る際に配送料が発生する。
倉吉支部へ送る場合、1枚あたり20銭、米子支部へ送る場合、米子市街地は無料だがそれ以外の場所の分は1枚あたり30銭かかり、さらに8000円かかる。
これはまぁハッキリ言って、大した金額ではありません。仮に倉吉に3万部、米子に3万部送ったとしても、6000+9000+8000円で、合計23000円。
実際はこんなにかかりません。米子支部の大部分は米子市街地分だし、倉吉に3万部も送ることはないでしょう。

とにかく新聞折込にかかる経費は合計で600000円ほどです。


892 :KN ◆.E2Y/4Nums :2005/11/19(土) 16:04:11 ID:xmeHyclD
新聞折込計画つづき

折込センターの資料に鳥取県における各新聞社の折込定数が書いてある。

1位 日本海新聞 164040部
2位 読売新聞    31585部
3位 朝日新聞    22330部
4位 毎日新聞    16180部
5位 山陰中央新報 11430部
6位 日経新聞     7545部
7位 産経新聞     3835部

これを見る限り、日本海新聞が圧倒的であり、しかも東部・中部・西部で満遍なく強い。
用意できるビラも100000部しかないわけであるし、ここは日本海新聞のみの折込で十分でしょう。

その日本海新聞の県内の各エリア別の折込定数は

東部(本部管轄)・・・66820部(うち鳥取市が55050部)
中部(倉吉支部管轄)・・・31870部(うち倉吉市が15710部)
西部(米子支部管轄)・・・65330部(うち米子市が41950部)

で、この比率を現在用意できる100000部(164040部の約6割)のビラにあてはめると
東部に40000部、中部に20000部、西部に40000部ということになる。


896 :KN ◆.E2Y/4Nums :2005/11/19(土) 16:42:42 ID:6VfAOAs0
新聞折込計画つづき

日本海新聞の各エリアの折込定数の6割が今回の折込部数の目安になるとすれば
自然と各エリアにおける折込部数が決まってくる。

鳥取市(旧) 27800部(定数45000部)
鳥取市(新)  6000部(定数10050部)
八頭郡     5000部(定数8320部)
岩美郡     2000部(定数3450部)

東部合計   40800部(定数66820部)


倉吉市     9500部(定数15710部)
東伯郡     9500部(定数16160部)

中部合計   19000部(定数31870部)


米子市    26000部(定数41950部)
西伯郡     6000部(定数9890部)
日野郡     2200部(定数3760部)
境港市     6000部(定数9750部)

西部合計   40200部(定数65350部)


908 :KN ◆.E2Y/4Nums :2005/11/19(土) 17:56:43 ID:2AP3RluV
新聞折込計画つづき

鳥取市(旧) 27800部
鳥取市(新)  6000部
八頭郡     5000部
岩美郡     2000部

倉吉市     9500部
東伯郡     9500部

米子市    26000部
西伯郡     6000部
日野郡     2200部
境港市     6000部

これを11/28に県議会が始まってすぐに撒いてしまうよりは
一定期間をかけて撒いたほうが効果があるように思える。
ただ、県議会が12/16までなので、
あんまりのんびりしていて議会の後半になってまだ撒いていない場所があるようでは困る。
また、一度に1箇所に撒くビラ枚数があまりに少ないと効果的ではない。
新聞折込は月曜日は休みで、土日はチラシが多いのであまり目立たなくなってしまう。
最も効果的なのは火曜日や水曜日らしい。
街宣がスケルトン氏を迎えて機動的になってからの効果と相乗させたいというのもある。

このあたりを総合的に考えて
11/29(火)、11/30(水)、12/2(木)、12/6(火)、12/7(水)の5日間を使って撒ききるというのはどうだろうか?
この場合、
11/29(火) 鳥取市(旧)7800 鳥取市(新)6000 八頭郡5000 岩美郡2000 米子市6000
11/30(水) 鳥取市(旧)5000 倉吉市5000 東伯郡5000 米子市5000 西伯郡6000 日野郡2200
12/1(木) 鳥取市(旧)5000 倉吉市4500 東伯郡4500 米子市5000 境港市6000
12/6(火) 鳥取市(旧)5000 米子市5000
12/7(水) 鳥取市(旧)5000 米子市5000

となる。あるいはこれでは時間がかかりすぎるというのなら、11/29、11/30、12/1、12/2で撒ききってしまうパターンもアリかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 鳥取OFF収支報告 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。